2022年(令和4年)3月の予言「経済・地震災害」

2022年(令和4年)3月の予言や実際に起こった地震情報などをまとめています。

 

コロナ感染者数は少し落ち着いてきましたが、ロシアのウクライナ侵攻など大きな出来事が起こってきました。

2022年3月16日・日本の福島県沖にて23:34分ごろマグニチュード7・最大震度6強の地震が発生

その後も立て続けに大きめの地震が関東地方で発生しています。

2022年3月19日 4時04分ごろ 石垣島北西沖 M5.9 3
2022年3月19日 0時58分ごろ 福島県沖        M5.1 3
2022年3月18日 23時25分ごろ 岩手県沖      M5.5 5強
2022年3月18日 22時05分ごろ 宮城県沖      M4.4 3
2022年3月18日 21時12分ごろ 福島県沖      M4.4 2

Youtube動画やツイッターなどでも多くの方が地震情報や予言などを公開されてしますが、今回の地震を的中させた方もいらっしゃるようです。そして3月には、他にも地震が発生すると予言されている日付があります。

それが

3月21日~3月25日です。

  • 占い師Love Me Do
  • 3月21~25日に大地震や大事故

 

スポンサーリンク

占い師Love Me Do3月の予言

3月9~12日、20~25日は地震や噴火、台風、竜巻、サイクロン、ハリケーン、大雪、大雨、洪水、土砂崩れといった自然災害、急な気温の変化に注意で、大規模な停電や電気系の問題、ネット関係の問題(システム障害、システムエラー、サーバーダウン、データが盗まれる、データの流出、その他の流出、サイバー攻撃、サイバーテロ、通信障害、電波障害など)、ネットもしくは病気のウイルス問題も発生しやすくなります。新種のウイルスについて報じられる場合も。特に3月22日、23日、24日に注意しましょう。

・https://tocana.jp/2021/02/post_200639_entry.html

 

2022年3月16日震度6強 福島県沖地震「MEGA地震予測」の「JESEA(ジェシア)」が予測!

2022年3月16日に福島県沖を震源とする最大震度6強、マグニチュード7.3(速報値)の地震が発生しました。

地震予測サービス「MEGA地震予測」を提供する株式会社地震科学探査機構(本社:東京都港区、代表取締役:橘田 寿宏、以下 JESEA)は、提供する地震予測サービス「MEGA地震予測」の「2022年3月16日号」にて下記の予測を発出していました。

 

JESEAホームページ: https://www.jesea.co.jp/

  • 予測発出:2022年3月16日
  • エリア :東北地方から北海道
  • 時期  :2022年3月16日~4月20日頃まで
  • 規模  :M6.5±0.5

結果として、2022年3月16日に福島県沖を震源とする最大震度6強、マグニチュード7.3(速報値)の地震が発生しました。JESEAの予測と実際の地震は、時期・場所ともに合致する結果となりました。

 

2022年(令和4年)3月に起こった地震

18日午後11時25分頃、岩手県沖を震源とする地震があり、同県野田村で震度5強を観測した。気象庁によると、震源の深さは18キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・6と推定される。同県普代村でも震度5弱を記録したほか、北海道から東北にかけて震度1~4の揺れがあった。この地震による津波はなかった。同庁は今後1週間程度、震度5強程度の地震に注意が必要としている。

・https://news.yahoo.co.jp/

宮城・福島で震度6強、津波注意報を発令…M7・3

16日午後11時36分頃、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県と福島県で震度6強を観測した。

JR東「脱線を完全に防ぐのはかなり難しい」…営業運転中の新幹線脱線、鉄道史上2度目外壁などが剥がれた仙台市中心部のアーケード街(16日午後11時51分)=大垣裕撮影気象庁によると、震源の深さは約60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7・3と推定される。同庁は高い所で1メートルの津波が予想され、両県に津波注意報を出した。同庁は、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づかないように呼びかけている。

・https://www.yomiuri.co.jp/

 

2022年3月16日・日本の福島県沖にて23:34分ごろマグニチュード7・最大震度6強の地震が発生

2022年3月19日 4時04分ごろ 石垣島北西沖 M5.9 3
2022年3月19日 0時58分ごろ 福島県沖        M5.1 3
2022年3月18日 23時25分ごろ 岩手県沖      M5.5 5強
2022年3月18日 22時05分ごろ 宮城県沖      M4.4 3
2022年3月18日 21時12分ごろ 福島県沖      M4.4 2

 

インドの占星術師・アビギャ・アナンド「2022年の予言」

親愛なる視聴者の皆さん、これは本日公開された、COVID19の今後の波とその影響の強さについてのビデオです。このビデオでの基本的なポイントは、COVIDの第3波が第2波よりも小さい/小さい国では、2022年4月頃に大きな波が発生するということです。

・https://www.youtube.com/watch?v=MSghh1Yqob4&t=2s

 

2022年4月「衝撃的な事が起きる」

インド占星術による未来予測によると土星と火星の関係が良くない

アナンド君によればこれは「第3波」にあたると表現しており、新たな変異株によるパンデミックが起こる可能性もありそうです。

スイスの免疫学者

デルタ株よりも強力な変異株「COVID-22」が現れる可能性」を警告

 

アナンド君は、木星と土星が「恐怖」を意味する位置関係にあると語っており、今回は「土星と火星」の関係性が良くないとのこと。

占星術における火星は「凶星」であり

  • 戦い
  • 争い

を象徴する星であるとされる

このような予言を聞くと、今現在の世界情勢から第三次世界大戦に発展する可能性も考えておくべきだと思います。

2022年3月16日・日本の福島県沖にて

23:34分ごろマグニチュード7・最大震度6強の地震が発生しました。

 

まとめ

2022年3月16日・日本の福島県沖にて23:34分ごろマグニチュード7・最大震度6強の地震が発生

2022年3月19日 4時04分ごろ 石垣島北西沖 M5.9 3
2022年3月19日 0時58分ごろ 福島県沖        M5.1 3
2022年3月18日 23時25分ごろ 岩手県沖      M5.5 5強
2022年3月18日 22時05分ごろ 宮城県沖      M4.4 3
2022年3月18日 21時12分ごろ 福島県沖      M4.4 2

 

スイスの免疫学者が「来年にはデルタ株よりも強力な変異株「COVID-22」が現れる可能性を警告

アナンド君によれば「2022年4月に衝撃的な事が起きる」

インドの占星術を用いて未来を予測した結果、土星と火星の関係が良くない。パンデミックだけでなく地震のような天災にも注意

 

占い師Love Me Do3月の予言

3月9~12日、20~25日は地震や噴火、台風、竜巻、サイクロン、ハリケーン、大雪、大雨、洪水、土砂崩れといった自然災害、急な気温の変化に注意

・https://tocana.jp/2021/02/post_200639_entry.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました