2022年(令和4年)台風10号たまごの発生状況・最新進路予想・Windy・米軍(JTWC)ヨーロッパ(ECMWF)

災害[台風・地震]

この記事では、2022年「令和4年」に発生した台風の情報をまとめています。

■ 気象庁の発表

  • 2022年・台風10号
  • 名前:トカゲ
  • 名称国:日本
  • 意味:とかげ座・蜥蜴

気象庁ホームページ:気象庁



 

「その他の台風情報サイト」

■ 米軍合同台風警報センター(JTWC)

■ 各国モデルの台風進路予想サイト

■ デジタル台風・台風進路予想

「関連記事・台風情報」

■ JTWCとは

Joint Typhoon Warning Centerの頭文字を取ったもの、アメリカ海軍と空軍が共同で設置した機関であり、アメリカ合衆国とミクロネシア住民のために、

  • 北太平洋地域
  • 南太平洋地域
  • インド洋地域

で発生する台風および熱帯低気圧を監視・警報する任務を負った機関



気象庁・台風の発生条件について

海面水温が高い海域で台風が発達しやすい

一般的に台風は海面水温が26~27℃の海域で発生する

:https://www.data.jma.go.jp/

■ 気象庁・風速別台風の表記

  • 33以上 強い台風
  • 43以上 強い〜非常に強い
  • 49以上 非常に強い〜猛烈な
  • 59以上 猛烈な台風
  • 70以上 猛烈な台風

■ 風速によって予想される被害

  • 10~15メートル 歩きにくい
  • 15~25メートル 転倒する人もいる
  • 25メートル以上 立っていられない
  • 30メートル以上 植木鉢の落下・物が飛んでくる

■ スーパー台風と発表される条件

スーパー台風(Super Typhoon)

米軍合同台風警報センター(JTWC)が台風の強さを分類するうちの最も強い区分

1分間平均の最大風速が130ノット(67m/s)以上の暴風雨「スーパー台風」(カテゴリー5相当)としています。

台風の巨大化の主な原因は、温暖化による海面温度の上昇である。 西太平洋は2080年までに海面温度が2度上昇すると予測されており、海面温度が上昇することにより台風に供給されるエネルギーも格段に増加する。 そのため巨大な台風が誕生しやすくなるのである。

■ スーパー台風 – Wikipedia



■ 平年の台風発生数

(画像:ウェザーニュース)

■ 2022年発生の台風の名称

    • 1号 マラカス
    • 2号 メーギー
    • 3号 チャバ
    • 4号 アイレー
    • 5号 ソングダー
    • 6号トローセス
    • 7号 ムーラン
    • 8号 メアリー
    • 9号 マーゴン
    • 10号 トカゲ
    • 11号 ヒンナムノー
    • 12号 ムイファー
    • 13号 マールボック
    • 14号 ナンマドル
    • 15号 タラス 
    • 16号 ノルー
    • 17号 クラー
    • 18号 ロウキー
    • 19号 ンカー



スポンサーリンク

2022年[令和4年]台風10号「気象庁」の発表

■ 気象庁の発表

  • 2022年・台風10号
  • 名前:トカゲ
  • 名称国:日本
  • 意味:とかげ座・蜥蜴

 

気象庁ホームページ:気象庁

Windyによる「現在の風の状況」はこちら

 

台風情報サイト(使い方・更新頻度)

各国の専門機関による情報を比較したり組み合わせたりしながら使うと、さらに詳細なデータが手に入るので興味のある方はチェックしてみてください。

特にWindyは、PCスマホともに無料で利用できるサービスなので、Windyだけでもブックマークしておくと非常に便利です。

 

Windyのサイト情報

(https://www.windy.com/)

Windyについて

ヨーロッパ中期予報センターECMWFをモデルにしたツール

パイロットや政府機関なども幅広く利用しています

cocomaru
cocomaru

基本無料で閲覧できます。

無料アカウント作成が可能です。

登録すると他の機能が使えます。

 

さらに有料のプランもあるようです。

まあ無料で十分使えますので無料で大丈夫です。

 

 

Windy[ android・iPhone ]アプリについて

cocomaru
cocomaru

無料でインストールできるのですが、一部ユーザーのコメントで無断で課金状態にされていたという報告がありました。

 

ほっとくと自動で課金されるサービスみたいなものかもしれませんね。

 

なので、Windyを利用する場合は、パソコンのサイトを利用することをおすすめします。

 

 

台風情報サイトまとめ・(使い方・更新頻度)

cocomaru
cocomaru

各国の専門機関による情報を比較したり組み合わせたりしながら使うと、さらに詳細なデータが手に入るので興味のある方はチェックしてみてください。

 

特にWindyは、PCスマホともに無料で利用できるサービスなので、Windyだけでもブックマークしておくと非常に便利です。

Windyのサイト情報

(https://www.windy.com/)

Windyについて

ヨーロッパ中期予報センターECMWFをモデルにしたツール

パイロットや政府機関なども幅広く利用しています

cocomaru
cocomaru

基本無料で閲覧できます。

無料アカウント作成が可能です。

登録すると他の機能が使えます。

 

さらに有料のプランもあるようです。

まあ無料で十分使えますので無料で大丈夫です。

(画像:Windy)

 

Windy[ android・iPhone ]アプリについて

cocomaru
cocomaru

無料でインストールできるのですが、一部ユーザーのコメントで無断で課金状態にされていたという報告がありました。

 

ほっとくと自動で課金されるサービスみたいなものかもしれませんね。

 

なので、Windyを利用する場合は、パソコンのサイトを利用することをおすすめします。

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)のサイト情報

(https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html)

米軍合同台風警報センター(JTWC)

 

米軍合同台風警戒センター「JTWC」の使い方

(:米軍合同台風警報センター(JTWC)

アメリカハワイ・米軍合同台風警報センター(JTWC)発表の台風情報が見れるサイトです。

更新頻度:6時間おきに更新

台風情報を見るときは、日本時間と9時間の時差があるので注意してください。

世界標準時刻で表示されており、そこに9時間足した数字が日本時間となります。

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)画面内の○印について解説

LOW・黄色

  • 台風に発達する可能性が低い
  • 24時間以内にどうなるか?という情報です

MEDIUM・オレンジ色

  • 台風に発達する可能性が高い
  • 24時間以上の時間がかかる可能性あり

HIGH・赤色

  • 24時間以内に台風へと発達する可能性あり

赤色(矢印)

  • 台風



ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)のサイト情報

(https://www.gpvweather.com/ecmwf.php)

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF

  • 予報制度は一番
  • 10日先までの予報を見れる

※時間が経つにつれ制度は落ちていくので、あくまで予報として参考にしてみてください

 

国土交通省・気象庁のサイト情報

(https://www.jma.go.jp/jma/index.html)

 

日本気象庁の発表する台風情報「更新頻度」

気象庁の発表する情報は、基本3時間おきに更新です。

台風が日本の300km以内に接近した場合は、1時間おきに更新します。

 

(国土交通省・気象庁)公式で得られる情報

  • 気象庁 台風情報
  • 気象庁 台風および気象・災害情報
  • 気象庁台風マップ( Google提供 )
  • 気象庁・防災情報

国土交通省・災害防災情報ページ

  • 防災情報提供センター
  • リアルタイムレーダー
  • 気象警報・注意報
  • 気象庁・台風経路図

その他

銚子地方気象台

 

日本気象協会のサイト情報

(https://tenki.jp/bousai/typhoon/)

日本気象協会公式で得られる情報

  • 日本気象協会
  • 雨雲レーダー(実況)
  • 現在地周辺の雨雲レーダー

 

ウェザーニュースのサイト情報

(https://weathernews.jp/)

ウェザーニュース公式で得られる情報

最新の台風情報

全国の雨雲レーダー

全国の落雷情報

全国の地震情報

 

関連サイト

Yahoo!路線情報

乗換案内、駅情報 - Yahoo!路線情報
日本全国(北海道,東北,関東,中部,近畿,中国,四国,九州)で現在発生しているJR・新幹線・私鉄・地下鉄の運行情報や遅延情報、事故、運休、工事情報などを提供しています。主要空港のフライト情報も掲載中。

運転見合わせなどが発生した場合の運行情報を提供

  • 全国の路線
  • 遅延
  • 事故

まとめ

この記事では、台風たまごの発生状況・最新進路や日本接近についての情報をみれる各国の情報サイトをまとめています。

 

実際に台風が上陸すると事故や災害など、様々な影響が考えられますので早めの対策をしていきましょう!

おすすめは以下のサイトです。

※一部ログインしないと利用できない機能もありますが、基本的には無料で使うことが出来るので、台風情報を調べる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  • Windy
  • 米軍(JTWC)
  • ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
  • 国土交通省・気象庁
  • 日本気象協会
  • ウェザーニュース

台風情報を調べる場合に気象庁発表のサイトから情報を得ることが多いと思いますが、ヨーロッパ中期予報センター「ECMWF」米軍合同台風警戒センター「JTWC」など各国の専門機関による情報を比較したり組み合わせたりしながら使うと、さらに詳細なデータが手に入るので便利です☆

■おすすめは「Windy」

とくに「Windy」は動画で雲の流れをチェックできるので、現在とその後の進路などを理解するには実に便利だと思います。

Appストアでアプリを無料インストールすることが可能ですが、一部ユーザーからのコメントで”自動的に課金状態にされていた”という報告を確認しました。

なので、とにかく無料で利用したいという場合は、PCサイトに直接アクセスして閲覧するのが良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました