台風15号の影響!静岡県で大規模停電・一部復旧せず「土砂崩れで送電鉄塔が倒壊」

気になるニュース・情報

台風の15号の影響により大規模停電が発生

中部電力パワーグリッドによりますと、静岡市葵区の山崩れで送電鉄塔2基が倒れ、静岡市を中心に大規模な停電が発生しました。

鉄塔は高さ60メートル、幅4.5メートルで午前8時に職員が現地に出向き確認したということです。

中部電力パワーグリッドは大雨の影響で現場に到着するのが困難だったため、原因を特定するのに時間がかかってしまったとしています。

県内では最大11万9230戸が停電しましたが、夕方までには、ほとんどが復旧したということです。9月24日放送

:https://www.youtube.com/watch?v=vByhFynZMYM



静岡の大規模停電

一部まだ復旧せず土砂崩れで送電鉄塔が倒壊

停電は24日午前2時ごろ発生

午前7時の最大時で、静岡市葵区で約9万9000戸

同市駿河区で約1万7000戸▽同市清水区で約970戸――などに及んだ。

ドローンで被害状況を確認したところ、午前8時過ぎに、送電鉄塔2基の倒壊が判明した

同社は、倒れた鉄塔付近の電線を切断し、電力の供給ルートを変更する応急処置を講じた。

これにより午後4時半現在、2700戸まで停電は縮小した。

当面は問題なく電力を供給できるが、鉄塔の再建などには数カ月かかる見通し。中村佳津宏・静岡支社長は「鉄塔が山間部にあり、停電発生が深夜だったため、原因の特定に時間がかかり申し訳ない」と謝罪した。

:https://news.yahoo.co.jp/articles/b1bdbcfd177805d405530a9a4e2e46d56c432eb8



コメント

タイトルとURLをコピーしました